« 喜美松 | Main | 嫌な夢 »

2008.05.26

モナコGP

ハミルトンが去年の雪辱を晴らすモナコ初優勝
前半の接触、バーストによる緊急ピットインが路面状況の変化にうまく次のピットインのタイミングを合わせる結果になったことが勝因?

クビサは予選一発のタイムをしっかり出して、混乱に巻き込まれることもなく、ミスもなく毎戦上位フィニッシュ。
ドライバーの腕が試される場面では、一番輝いている気がする。

フェラーリはグダグダ...
車は造れるけど現場で作戦練ったり出来ないのか?と感じてしまう。
何か一つリズムが崩れると立て直せなくなっちゃう印象が特に今年は強い。
それはライコネンも一緒で、焦るとダメになっちゃう。
今回のスーティルへの追突は酷かった...

前線今期初完走して、初入賞は4位かっ!?と期待されてただけに。
ガレージでうずくまる背中が痛々しかった。

同じく前線今期初完走のヴェッテルもガッチリポイントゲット。
親分レッドブルのウェバーは越えられなかったけど、新車でこれから去年のような旋風を巻き起こすかも!?

そのウェバーはホント荒れたレースで粘り強い。
中堅チームにはもってこいのドライバーかも。

中嶋一貴は2ポイントゲット。
レース中何度かファステストもマークして少し存在感を示せたかな?
ニコが今回は散々な内容で比較できないけど、レースに関しては遜色ないんじゃないかと。
前から言われているように、予選一発のタイムがまだまだ課題のようです。
それでも気がつけばウィリアムズはコンストラクターランキング4位。
まぁ、3位ザウバーとは大差だけど。

|

« 喜美松 | Main | 嫌な夢 »

F1」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82329/41323128

Listed below are links to weblogs that reference モナコGP:

« 喜美松 | Main | 嫌な夢 »