« ATOKアップグレード | Main | 佐藤琢磨の来年は… »

2008.09.15

イタリアGP

セバスチャン・ヴェッテル、最年少優勝!
おめでとう!

こんなにも早く、優勝するとはねぇ。
本格参戦になる今年、一応ルーキーだけど、去年、急遽デビューしていきなりの入賞(最年少入賞)。
そのあと、いろいろと問題のあったスコット・スピードに変わってトロロッソから出走すると、セーフティーカーの後ろでウェバーに追突したり、不安定さをみせていたけど、上海で4位に入ったり、スター候補だった。
今年は、慣れもあるのか、安定した走りと早さを魅せて、親玉レッドブルへの昇格?(今の状況だとマシン的には降格だなぁ…。コンストラクターランキングでついに逆転しちゃったし。)も決まり、再来年あたりチャンピオン争いに絡むような存在になりそうと思っていたら、優勝しちゃった。
しかもポールトゥウィン。
初優勝な走りじゃないよなぁ。
貫禄あるチャンピオンの完勝って感じで。
路面はフルウェットだったけど、そこからただただドライに向かっていく状況で、荒れたレースって訳じゃないし。
これからが楽しみぃ。

チャンピオン争いはこれで、ハミルトンとマッサの二人に絞られたなぁ。
この時点で21ポイント差のライコネンは去年よりもポイント差が大きくて、しかも、今年のフェラーリのマシンは、路面温度が上がらないと速さを見せられない。
マッサも、ハミルトンが落とした(2ポイントしかとれなかった)レースで、3ポイントしか取れなかったのは痛い。
ライコネンがスタンダードウェットでファステストを更新し続けて追い上げていたので、マッサももう少し順位を上げられるかと思ったけど、守りに入ったのか、ペースが上がらなかった。

ハミルトンは、特にヘビーウェットでかなり速くて、多少強引なほど果敢に前へ前へとプッシュしていたけど、途中から雨が降ると予想して、1ストップ作戦の唯一のピットストップでスタンダードウェットに変えなかったのが裏目に出て、結局7位。
まぁ、15位スタートだったことを考えれば上出来だけど、もっとポイント取れたと言う意味では悔しいだろうなぁ。
しかし、あのアロンソへのオーバーテイクは、感情的な部分が見えたような気がしました。

チャンピオン争いは、数字上だけだと、今回地味に3位に入ったクビサもまだまだ可能性はある。
ここのところのレースを見てると、序盤よりも確実にフェラーリ、マクラーレンとの差が開いているみたいなので、厳しいだろうけど、でも、最後にかっさらっていってしまうのもおもしろいなぁ。

次は初物シンガポールでのナイトレース。
楽しみです。
しかし、夜、スコールでも来たら、大変なことになるような気がするんだけど。

|

« ATOKアップグレード | Main | 佐藤琢磨の来年は… »

F1」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82329/42482137

Listed below are links to weblogs that reference イタリアGP:

« ATOKアップグレード | Main | 佐藤琢磨の来年は… »